一時滞在 長期滞在

移住・定住

空き家改修事業

長野県一番の下限面積の適用がなされました
 飯山市農業委員会では、農地の売買の際必要となる下限面積を2アールにまで引き下げました。これは、長野県で一番の運用となります。もちろん、移住定住をお考えの方に朗報となります。

 

◎農振農用地区域外農地

 

下限面積
適用区域
2アール
飯山市内全域

 

 農地法第3条の許可を受け、耕作のために農地の所有権等の権利を取得しようとする場合は、取得後において下限面積以上の耕作面積を確保することが必要となっています。(農地法第3条第2項第5号)

 下限面積は、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部について別段の面積を定め公示したときは、その面積を下限面積として設定できることとなっています。

 飯山市農業委員会では、飯山市内の下限面積(別段の面積)を上記の通り定め、平成28年6月1日から施行します。ただし、農振農用地区域内農地に係る面積については従来と同じです。